MOON TREE PLANET in NATUR始まりました。 Rosey Stone 女性デザイナーのRoseyが立ち上げ。 スリランカやインドの信頼できる農園で育てられたオーガニックコットンを 手で紡ぎ糸から布へと仕立て、その布を使ってフランスのアトリエで服作りをしています。 カディコットンやシルク、リネンなどから仕立てる肌触りの良い服で、第二の肌を纏っているかのような着心地です。 小さい頃から肌が敏感だったRoseyは着るものにとても困っていたそうです。 そんな彼女が作る服の着心地は来ているのを忘れてしまうくらい軽くて柔らかく、 洗うたびに体に馴染んでいきます。 カディ(KHADI)=インドを代表する「手紡ぎ・手織り」の布。 マハトマ・ガンディという人物が、インドがまだイギリスの植民地だった頃、 イギリスの機械織りの布に対抗して、各地でインド国産の手紡ぎ・手織りのカディを広めました。 人々に仕事を与え、自立を促し団結させることで、インドの独立に貢献したと言われています。 カディは今もなおインドの人々に愛され続けています。 手紡ぎ・手織りだからこそ、糸の太さの違いにより起こる織りむらや染料の入りかたの違いによる色むらなど、 同じに作られたものでも不均衝な布に仕上がります。 工業製品とは違う、人の手から作られたそのむらが、風通しを良くし、吸収性、速乾性にも優れ、 夏は涼しく、冬は暖かいという布を作り出します。 Rosey Stoneの服は インドならではの伝統工芸品の維持と普及、インド国民の生活向上にも繋がっていきます。 素材だけでなくデザインにもこだわった服は、 襟元やボタン、袖口などのアレンジでいろいろな表情を楽しめます。 これはこう着ると決まっているものは一つもありません。 手に取り、自分にあった着方を探しながら、時にはいつもと違う着方をするのも良いかと。 今日はどの服を着ようかと選んでいるうちに、ふと手に取ってしまう お出掛けが待ち遠しくなる、そんな服です。