初めて軽井沢を訪れたのも十月でした。車の走ったあとに起こるつむじ風で乾いた落ち葉がダンスを踊るように舞っている様子を見て直感的にスウェーデンからの移住を決めたきっかけとなった季節ですのでこの時期を軽井沢で迎える度に当時の思いが蘇ります。それとも秋という季節が人を少しだけ感傷的にさせるのかもしれません。十月のNATURでは季節ごとに開催してまいりました今年3回目となるスウェーデンのJOBS社の生地を使った秋のバックコレクションNATUR AUTUMN COLLECTIONを開催します。またかぎ編み作家「金子智江さん」をお招きしてスウェーデンの毛糸を使ったアームバンドのワークショップを行います。チューブ状の編み物を作る特殊なかぎ編み技術を使ってアームバンドを作ります。またNATURの秋の定番となりました「こまつまりこのしごと展」を開催いたします。新作人形展のテーマは「もりの学校」。個性豊かな可愛らしい動物たちが学校を舞台にやってきます。また、ハルニレテラスでは第一、第二週末に信州の豊かな野菜や果物が並ぶ秋のマルシェが開催されます。NATURでは「Gertrude Florist下元香代子さん」に軽井沢らしい季節の花を運んでいただきます。
皆様のご来店お待ちをお待ち申し上げております。