スウェーデンの九月は「始まり」の季節です。新学期を迎える足取りの軽い学生たちは少し緊張した面持ちで、街行く大人たちは美しい夏の思い出と、これから始まる長い冬への諦めが同居する複雑な表情で、それぞれの秋を迎えます。。NATURでは冬の暮らしを豊かにする手編みセーターの展示販売会と秋の食の恵みを楽しむ料理教室、ストーブスツールを製作するワークショップを開催します。NATUR 秋冬定番のスウェーデン、ウールセントラム社の毛糸を使い、編み物作家 斎藤愛子さんにセーターを編んでいただきます。ひと編みひと編み心をこめて作られたセーターです。二回目となる料理教室は、引き続き講師にties 遠藤千恵さんをお迎えして秋の信州の恵みをたっぷりと使用した料理教室を開催いたします。生産者の方々と真摯に向き、食材を愛おしそうに優しく扱う仕草、そこには日々の小さな発見や美しい物語が千恵さんの手を通してぎゅっと凝縮され、一皿に仕上がっていきます。また九月の終わりには講師に家具作家 金澤知之さんをお迎えしてスツールを製作します。今回のワークショップ用に製作した木製フレームにペーパーコードで座面を編み込み、自分だけのスツールを作ることができます。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。