黒と白の花だけが植えられたJILLのSecret Gardenに招かれた日。 JILLがシルバーグレーの美しい髪を短く切った日。 最愛の夫が逝ってしまってから 別れを受け入れるためのいくつもの季節が過ぎ去った日。 Secret Gardenの中心に置かれたベンチに座って タバコの煙に包まれながらJILLの記憶を共有した日。 JILLの記憶はわたしの記憶となり、JILLの手はわたしの手となり JILLの眼はわたしの眼となり、モノを選ぶ際にわたしを最良の選択へ導いてくれる。 NATUR homeはJILLの目を通して選ばれた品が並ぶお店です。